2014年01月23日

初心者のための2-7SingleDraw基本戦略

ルールしか分からん!と言う人のための2-7SDの基本戦略でござる。

元のページはこちら

<Jハイルール>
Jハイのハンドの平均的な強さは、1枚ドローのハンドを上回ります。
(つまり1枚ドローしても、Jハイよりも弱いハンドにしかならない事がほとんど)
同様に、2枚ドローのハンドの平均的な強さはQハイとなります。

あなたのハンドがJハイだった場合(J8532など)。
プレドローであなたがレイズ→ブラインドがコールした場合。
これは相手はあまり強いハンドではありません。強いハンドなら3Betしてくるからです。
相手がスタンドパットした場合:Jをチェンジしてドローを引きに行きましょう。
相手が1枚ドローした場合:スタンドパットしましょう。

<スターティングハンド>
パットハンドは10P以上からプレイします。
ドローハンドは9ドロー(1枚引いて9ハイが完成するハンド)からです。
もしこの時、フラッシュやストレートが完成する可能性がある場合はプレイしてはいけません。

<ポシションと相手>
自分がまず最初にオープンする場合は上記のハンドで良いですが、
もしその前に誰かがオープンしていた時はどうしたらよいでしょうか?

ポジションがある時には2つの選択肢があります。3Betかコールかです。
相手がぬるく、こちらが弱いパットハンドなら、どちらを選択しても良いでしょう。
(強いハンドなら当然3Bet。)
多くの場合、ポットを小さくし、安くショーダウンした方が良いでしょう。しかしそれによりバリューを失う事もあります。
ポジションがない場合、標準的な相手には3Bet、ロックな相手にはコールします。
なぜ3Betするのかと言うと、ポジションがない場合のコールには力がないからです。
なるべく相手にドローさせた方が有利です。
コール&スタンドパットは弱く見え、3Bet&スタンドパットは強さを主張します。
(桃太郎:ポジがない場合は3Bet&SPして相手にドローさせる。そして失敗させた方が有利と言う事でござるかな?)

<ファイナルベッティングラウンド>
2-7SDは他のゲームよりもブラフが頻繁に起こります。
しかし重要なのは、フォールドするよりもベットした方がオッズが良くなる場合だけベットする事です。
ポーカーの基本は相手vsあなたのハンドの強さなのです。

<まとめ>
ポジションが超大事。
Jハイ>1枚ドロー
Qハイ>2枚ドロー
2枚ドローはゴミ。

<記事ここまで。>

他には、マルチウェイになった場合、平均的なハンドの強さは9ハイだと聞いた事があるでござる。






posted by 桃太郎侍 at 22:16| Comment(0) | 2-7SD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。